新橋★手芸部

小さなものをちまちまと、ほぼソックニッター日記です。

I LOVEプラチナ万年筆

日本には高品質な万年筆を作っているメーカーが数社ありますが、
その中で、私が最も惹かれるのがプラチナ万年筆です。
プラチナ万年筆は大正8年創業の日本の筆記具メーカーです。
社名通り万年筆からスタートして、現在も毎年新たな製品を世に送り出しています。

最初にお断りしておきますが…
自分は万年筆の詳しいことはよく分かっておりません。
単純に道具として愛でているだけの人間です。
でもそんな自分ですが、老舗メーカー(パイロット、セーラー万年筆)3社の中で、
プラチナの万年筆は『善いデザインだな』と思うのです。
特に主力商品と思われる#3776。

初めて手にした時は『自分の手には大きすぎるな』と感じました。
しかし国産万年筆で私が、カッコイイ!欲しい!と強烈に感じるのが全て#3776。
なぜか自分でも分からないのですが、去年は立て続けに3本も買ってしまいました。
あれ?だって満足していないのに??(笑)
でも、文字を書くたびに美しいデザインのペンを慈しみながら、
良い気分になりたいではありませんか⁉︎

そんな感じでまたしても買ってしまいました(^^;;
4本目の#3776、それがコイツ↓

201602281356035b6.jpg

今度はブルゴーニュです。
深紅色もさることながら、軸のカタチのバランス!
ボディラインがとてつもなく美しい。
ニブデザインもしっかりと個性を主張しています。
これぞ日本のプラチナ万年筆⁉︎



20160228135606657.jpg

海外高級ブランドのものでも、こんなにスタイルの良い
美しいペンはなかなかないのではないでしょうか。
イタリア製のような派手さはないけれど、控えめな奥ゆかしい美を感じます。
それなのに価格もリーズナブルで、私のようなものにでも手が届くのです。
素晴らしい!

ペン先は14金です。
スチールペンと比較すると、文字を書いている時に、
ふんわりと温かいような優しい感触が伝わってきます。



201602281356080ac.jpg

先日購入したパイロットのCustom74と一緒に。
個人的にはプラチナのペン先は硬いと思います。
だからこそ今回は太字をチョイスしました。
マイルールは、"プラチナは太字以上でないとダメ!"

印象としてはパイロットの中字と同じ位の太さに感じます。
ニブはパイロットの方が柔らかいです。
まるで筆のようなタッチでかけるので、これはこれで大好きです(^^)



20160228135605942.jpg

#3776コレクション。
左からセルロイド金魚 太字
ブルゴーニュ 太字
シャルトルブルー 細軟
ニースピュール 中字

プラチナはニブを簡単に取りはずすことができるので、
入れ替えも検討しています。

最近は↓こんな青いセルロイド軸に惹かれています。

20160228150141add.jpg

2016022817211701b.jpg

*プラチナ万年筆サイトから写真お借りしました

クールビューティ(^o^)

#3776にはスルメのような良さがあって(例えがアレですが…)、
日を追うごとに愛着が増していきます。
あ!とってつけるようですが、スリップシール機構は素晴らしいのですよ。
海外ユーザーさんにも大好評。
プラチナさんには頑張ってほしい!
少しでも売り上げに貢献したいものです。



さてさて、熱く語りすぎました(笑)

20160228135602b55.jpg

3月から新しい手帳にチェンジです!
無印良品の手帳を使い始めて早くも4年目。
やっと自分なりの使い方が固まってきました。
安価なので気を遣わず書き付けられるところが良いです。
明日で2月も終わり、今月はあっという間でした。
来月は長男卒業式!
涙でボロボロになりそうな予感。どうしよう(^^;;


関連記事
Category : お気に入り
Tag : 文房具
Posted by ほへと千鳥 on  | 0 comments  0 trackback

West Yorkshire Spinnerの靴下糸

2月はあっという間に過ぎてゆきます。
我が家でもインフルエンザが猛威をふるい、
先月末長男から始まり、私→次男と…(´Д` )
部屋を完全に隔離して過ごしていたのですが、
かかる時はかかってしまうのだな…と。
ちなみに学校では現在A型が流行りつつあるようです。(勘弁してくれ〜‼︎)



20160223110351bc4.jpg

寝込む前に糸を頼んでいました。
やっとStash整理ができます。

West Yorkshire Spinners Signature 4 Ply、ソックヤーンです。
この糸、朝鶴さんでも扱っていますね。
入荷当初からものすごく気になっていたのですが、
様子を見ようとまごまごしているうちに欲しい色がSold Outに。
しかも再入荷の予定はなさそうな雰囲気…。
無いとなると欲しくなってしまう!のが人の性…⁉︎
ということで毎度なThe Woolstackさんに注文。



20160223110355f57.jpg

WYSはイギリスのメーカーです。
イギリスの羊Bluefaced Leicesterが35%含まれるのがこの糸のポイントですね。
↑これはジュニパー。



20160223110356ca8.jpg

カルダモン。
この系統の色は私の大好物です(^o^)



201602231103528b3.jpg

ナツメグ。
スパイシー(笑)



20160223110354541.jpg

カイエンヌペッパー。
どれもそうなのですが、この色に至っては実物の方が絶対!素敵です(笑)
こういう色出しのセンスは個人的には堪らないものがあります。
オレンジっぽいような、明度の高い赤です。



20160223110429800.jpg

ペニーロイヤル。
これもまた絶妙な色!

今回は5色購入しました。
手にとって見るとより趣のある色味。
アメリカンより、少しダークでくすんだ色合いというのが
自分の中のイギリスのイメージなんですが、まさにそんな感じの糸玉でした。
靴下だけではなく、編み込みでウエアなんか編んでもすごく良い感じになりそうです。



20160223114757aae.jpg

20160223110431686.jpg

少し前まで寝込んでいたので、編み物どころではなくなり
最近はあまり針を持っていませんが、
モバイル用に靴下はスタンバイしています。
この糸もまたグッとくるカラーリング。
Lana Grossaはイタリアのメーカーだけあって、
とってもオシャレなんですよね(^^)

Lana Grossaはドイツのメーカーなのですが、
イタリア製ということでカラーリングがおしゃれなのかな?
(HBさん、ご指摘ありがとうございました。
そしてお心遣いにも感謝しています(^^))

それにしても体力が中々回復しませんな。
でも、年度末だし休んでいられない!
でも、身体がついてこない!
…という葛藤をしております。
言いたくないけどやはり寄る◯◯には勝てませんね(笑)
インドカレーでも注入したいところです。

関連記事
Posted by ほへと千鳥 on  | 2 comments  0 trackback

Sockhead 5個目!

お気に入りのカタチ、Sockheadを編んでいました。
Ravelryでも大人気のパターンですね。
ソックヤーンを使って編めるので、
まさにソックニッターにぴったり(^_-)




20160208155213fdf.jpg

これで編むのは5回目になります。
リブ&メリヤスのみなので、何も考えずに編めます。
モバイル編みや、ちょっと箸(針?)休め、なんて時にも良いですよね。



20160208160119881.jpg

今回はRegia Hand-dye Effectを使用しました。
とっちんさんから以前頂いたものです。

淡い紫とグレーのロングピッチの段染めです。
パーソナルカラーなのか、この色が私の顔色にものすごくマッチします(^_-)
とっちんさんのお見立てには毎度びっくり!ありがとうございます♪
自分では試したことのない色味なのでとても新鮮です。

それと、この糸はちょっと変わっています。
一応ソックヤーンなのですが、撚りが柔らかく
よくあるRegia靴下糸の雰囲気とは一線を画しています。
ふわふわした糸と細い黒糸が撚ってあり、
ファンシーヤーンといった雰囲気です。
個人的に靴下にするのは勿体無い気がして、帽子になりました。



20160208155215150.jpg

編み終わりにまたしてもおててチャームを(^^)

しつこいようですが、このパターンの良いところは、
大量の手持ち糸が活用できること。
そして、比較的細い糸で編んであるので軽い!
ゆったりしているので被りやすいし、脱いだ時もバッグの中に入れやすい。
もちろん、糸の特性上お洗濯も気軽に出来ます。
編みやすいし、使いやすい。優秀です。

まだ残り糸が50g位あるので、
お揃いのリストウォーマーでも編もうかな…(^^)



さて、Windermereに戻ります。
地味に亀の歩みですすめています。

20160208155216738.jpg

現在は左袖。
肩から糸を拾って編み進めています。
この方が後がラクかな、と自己流アレンジです。
Steeksも無事にジョキジョキできました。
それにしても、この作業は毎回肝が冷えます(^^;;

関連記事
Category : Knit
Posted by ほへと千鳥 on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。